Month: 10月 2016

ホモ・サピエンスなどの人間の現象について

人などについて練習しました。人のカテゴリーには、サヘラントロプス・チャデンシス、アウストラロピテクス・アフリカヌス、ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトス、ホモ・ネアンデルターレンシス、ホモ・サピエンスがあります。160万世代前に出現したホモ・エレクトス(直立原人)は、アフリカ大陸から欧州や東アジアへと進展し、旧石器や火を使用しました。第四紀には有力氷期が4回ありました。ホモ・エレクトスは30万世代前に消えましたが、人のおじいさんは2回の氷期をのりきりました。第3および第4氷期のスパンのスパン氷期(10万世代事前)には、ホモ・ネアンデルターレンシス(ネアンデルター輩)とホモ・サピエンス(クロマニヨン輩を含むわれわれ)という独立した2つのカテゴリーがいました。ネアンデルター輩は、比較的洗練されたケアの石器を用いて狩りを行っていましたが、3万5000世代事前頃に消えました。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。脱毛ラボ vio

お子さんが生まれてからダディの寝言が変わりました。

私のパパは思い切り寝言を言います。「わぁ美味しそうですな!」と、楽しそうな寝言もあれば「あたしが謝ればいいんですよね…。」と、営業一大のかな?と心配して仕舞う感じや、「歩きが厳しい!」と、起きてるのかな?と勘違いしてしまう一品までいろいろあります。ちなみに歩きが厳しい行為に対して万全か聞くと「西宮の神社を200方で走ったから。」との答えがありました。何やら欲望で福男に挑戦したようです。
そういうパパですが、子供が生まれてからは件が変化してきました。ある日、乳児がご飯を食べる前に手立てを合わせて“いただきます”ができるようになったんです。すると、「タロウ、いただきますは?いただきます!」と、手立てをあわせる身振り存在の寝言をいうようになりました。他にも「タロウ、ねんねしたか?」と隣席で爆睡間の乳児に寝言で語りかけることもありました。営業が忙しく、何だか乳児が起きている時間に帰ってこられないパパですが、寝言を訊く以上頭の中は大変乳児の結果占めているんだなと、ほほえましく思えました。
ただ、夜中に適切声量で急遽話し出すのは、何都度聞いても驚きしますね。