Month: 11月 2016

天気のいい日に布団や枕を乾かす案件の気持ちよさ

我々は昔から大して自分から進んで布団を乾かす定例が無く、絶えず母体や誰かから言われてやっと乾かすというような本性でした。それが最近になって、日和のいい日になると布団や枕を干さないと気が済まなくなってきたのです。糸口はダディーから言われ、しぶしぶ干しだしたのですが、干したお日様の夜は、布団がふっくらしてはなはだ気持ちがよかったのです。それから続けて乾かすようになると、毎晩布団に入るのが楽しみになってきました。次男やダディーも「今日のお布団気持ちよいなぁ」と言って得るお日様が増えて、ひときわ、干してみようというビジョンが高まってきました。そのうちに、今までは布団を乾かすことが「干さなければ」という責任だったのが、「今日も干そう」という定例になったのです。定例というのは強いものだと思います。なんの苦もなく勝手にボディが動いてくれる。健康にもかわいく、自分も気分が良くなり、親子にも喜んでもらえる、というやけによろしい定例ができたと喜んでいます。

地球の熱源などについて探究をしていました

地球などについて習得をしました。地球の主な熱源は、地殻やマントルを構成する岩石に留まるウラン、トリウムなどの発光性同位体の森林撃滅にともなう熱情と、地球深部の熱な出所であると考えられています。地殻熱情流量の観測は、地殻熱情流量=地中上昇温%×熱情伝導%だ。海域では海底の堆積階級中の地中上昇温%を測定し、また堆積階級を採集してその熱情伝導%を測ります。W(ワット)は、取引%のごとだ。1秒間時分1J(ジュール)の取引%を1Wといいます。同位ボディは、原子ナンバーが同じで質量回数がことなる元素だ。放射線を出しながら他の安定な元素に変化するものを発光性同位ボディといいます。かんらん岩は、かんらん石や輝石を大勢組み込む岩石だ。地球内部の兆候を自ら調べることはできませんが、17世紀にニュートンの内からさまざまな予測がなされてきました。20世紀に地震トレンドを利用してのづくりがすすむにつれ、地球内部の兆候も徐々に明らかになってきました。極めて勉強になりました。