Month: 4月 2017

インターナショナル環境不同の伸展や雑貨カルチャー環境の地点

景気差について稽古しました。今日、地球に住む約70億人の住宅たいてい5分の4が発展途上国に住んである。第二いつか素地戦後、発展途上国の多くは政治的には独立したが、経済的には植民地年からの特定のはじめいつか産品に依存する賜物教養景気から離脱できず、強国との景気差は一際ひろがりました。こういう不安は南北不安とよばれ、1960年からインターナショナル世間の重要な面倒として認識されるようになりました。一方1970世代以後、発展途上国においてもキャピタルを有するナショナリズムや工業化がそれほど進んでいるナショナリズムと、キャピタルが貧しく制作も遅れているナショナリズムとの間で景気差の蔓延が進み、いわゆる南南不安も生じています。毎日1.25ドル未満で暮らしている人々は、世界で14億人間あり毎日2ドル以内となると約26億人間に達しました。発展途上国が景気トレーニングできない理由として土台育成の不完全、乏しい預金確率、出鱈目な診断装備、大きい人口伸展確率、賜物教養景気への依存、内戦などさまざまな導因が思えるので進歩されたらいいなと思いました。

初めて知ったチョコレートを型に入れる時の真実

バレンタイン時期になると思い出すのが小学生の時のバレンタイン。欲張りな私はクラスの男の子7人くらいにチョコレートあげてたなぁなんて思い出しながらスーパーのバレンタインコーナーを眺めます。あげていたものといえば、チョコレートを湯せんで溶かして型に流して棒をさしたチョコレートキャンディ。しかし、今思い出すと私が作ったチョコレートってとんでもなく固かった。なんでかなぁと中学3年生になったときに好きな男の子にあげるチョコレートレシピを探していると、衝撃的事実が発覚しました。
「チョコレート溶かして固める時なんで生クリームはいってるの」という疑問。半信半疑でレシピ通りにやってみるとあら不思議、さくふわっという歯ごたえにとろけるようなチョコレート。幼き頃に作ってたべた自作のチョコレートとは大違い。まさかまさか、作り方自体誤っていたのかと当時何度もバレンタインチョコレートをあげていた男の子に当時の感想をきいてみるとやはり返ってきた答えは「うん、固かった。」がびーん。大人になってあの娘の手作りチョコレートは美味しかったと世の女の子が言ってもらえますように。(泣)