皆さんは2017年から始まった「セルフメディケーション税制」をご存じですか?少子高齢化で多忙を極める医療機関の負担を少なくし、同時に医療費増大を押さえるため、軽度の病気であればできるだけ市販品で治そうというセルフメディケーションを税金面で優遇しようという政策です。今まで、医療費控除は1年間にかかった医療費が10万円を超えなければ適用されませんでしたが、今回の特例では指定された医薬品の合計が1年間で1万2000円を超えれば、医療費控除の申請が可能になります。つまり、今までは医療費控除が適用されなかった人であっても、セルフメディケーションに指定された医薬品を使用すれば医療費控除を受けることができるようになるのです。病院に行かずに市販品で病気を治し、しかも医療費控除が受けられる。セルフメディケーション税制は一般市民にとって大きなメリットがあるのです。ぜひ、セルフメディケーション税制を活用して、賢く生活しましょう。