Month: 7月 2018

誰だって最初は初心者!お父さん1年目のあなたに紹介したい本

職場のママ友から教えてもらった本がとてもよかったので、こちらで紹介します。それは「ヨチヨチ父」という本です。
口に出して読むと噛みそうなタイトルですね(笑)これは作者のヨシタケシンスケさんが実際に体験した育児談を持ち前のゆるっとしたイラストで紹介する本です。
イラストもそうですが、ピックアップされているシーンが、母親とは全く異なる目線なので、父親のほうは「そうそう!本当にそう!」となるみたいです。
母親のほうは「納得しかねる!」という気持ちになります(笑)その中でも私が一番印象に残っているのは、家族でお出かけするシーンです。
少しだけ簡単に紹介すると、父親は抱っこひもに装着した(笑)我が子だけを抱いて外に出ようとするんです。
母親ならすぐにピンときますよね!おむつセットは?お着替えは?ミルクセットは?タオル類は?お気に入りの絵本やおもちゃは?となるわけです。
これをヨシタケシンスケさんは「赤ちゃん=本体」「おむつなど=メンテナンス品」と称してるわけです(笑)お出かけには多くのメンテナンス品が必要だと皮肉を言っている内容が私にはツボでした!
また、奥様にお出かけに関して「ちょっと考えればわかるでしょ?!」と言われていますが「奥さんのちょっとは全然ちょっとじゃないので注意」としてるわけです(笑)
父親のほうは奥様の気持ちもわかるし、母親のほうは夫の気持ちを理解するうえでもこの本はお勧めです。

今日は、朝から主人とLINEのやり取りで子供の名前を考えました。

今日は今朝から今度生まれてくる二番目の子の名前を考えていました。一番目に生まれた子はすぐに出てきたのですが、二番目の子となると難しくて悩んでいました。そして、両方とも男の子なので、一文字は同じ漢字を入れたい!と思って考えました。その方が兄弟仲良くしてくれるかな、と思ったのと、名前の画数的にいいかなと考えたからです。でも主人はそれだとなんだか物足りないから嫌だと言っていろいろな名前を考えては、「これどう」?と言って聞いてくるので、そのたびに「脚下!」と言って理由をつけて返事をしています。一番上の子のときは、主人が漢字を考えたので、今度は私が考えたいな、と思ってそうしています。一番最初の子のときは生まれたことがすごいことだと思って名前は主人に任せました。そんな余裕がなかったと言えばなかったので。でも今回は二人目で、ある程度は余裕があります。陣痛の痛みには耐えなければなりませんが、それよりも精神的に余裕があります。なので今回はとてもいい名前を考えることができそうです。